「一級建築士」×「コーディネーター」と造る理想の注文住宅をご提供。グルービーホームのTOPへ。

お問い合わせ

0120-968-373

Menu

スリット階段下のデッドスペース | 岡崎市、西尾市、安城市の注文住宅・新築住宅はグルービーホーム

「一級建築士」×「コーディネーター」と造る理想の注文住宅をご提供。グルービーホームのTOPへ。
トップページ
スタッフ紹介
TOPICS
ブログ
保証・メンテナンス
家づくりの流れ
お問い合わせ
  • 会社概要
  • 採用情報
  • アクセス
0120-968-373

まごころブログ

スリット階段下のデッドスペース

2017.07.27 

設計デザイン

コーディネート

~愛知県岡崎市・西尾市の注文住宅はグルービーホームへ~

 

こんにちは。コーディネート課です。

グルービーホームの施工事例では、スリット階段が度々登場します。

スリット階段に黒のフラットバー手摺、皆さんも見学会等で見たことがあるかもしれません。

 

意匠性が良く、家族の気配も感じられるスリット階段。

ただ一つデメリットを挙げるとすれば、階段下がデッドスペースになりやすいことです。

デメリットもあるスリット階段ですが、階段下をうま~く活用している事例がありましたのでご紹介します。

 

 

 

和モダンを感じさせるタイルに観葉植物を置いて。

LDKの大きな窓からスリット階段が見えるので、とても解放感がありますよね。

 

  

 

こちらは階段下に収納と飾り棚。

飾り棚のデザインも印象的ですね。スリット階段と色味を合わせて木目&黒で統一しています。

 

 

階段下ではありませんが、壁一面に集成材の棚とアクセントクロスでシックにコーディネート。

手摺がレの字でシャープな印象です。

 

他にも、踏板を延長してカウンターとして利用したり、

ルーバー手摺を床まで延ばして壁に見立て、小さな書斎スペースを作ったり…

色々な案があります。考えるだけでワクワクしてきますね。

 

デッドスペースがもったいないからやめよう。そのように考えがちですが、

営業や設計士、コーディネーターに相談すると意外な解決案が出てくるかもしれません。

スリット階段に限らず、やりたいことを諦めないで、取り入れる方法を一緒に考えませんか?

 

 

前のページに戻る
ページトップ
  • 0120-968-373
  • イベント予約
  • 来場予約
  • 資料請求・お問い合わせ
ページトップ