「一級建築士」×「コーディネーター」と造る理想の注文住宅をご提供。グルービーホームのTOPへ。

お問い合わせ

0120-968-373

Menu

ガレージポーチ お勧めします | 岡崎市、西尾市、安城市の注文住宅・新築住宅はグルービーホーム

「一級建築士」×「コーディネーター」と造る理想の注文住宅をご提供。グルービーホームのTOPへ。
トップページ
スタッフ紹介
TOPICS
ブログ
保証・メンテナンス
家づくりの流れ
お問い合わせ
  • 会社概要
  • 採用情報
  • アクセス
0120-968-373

まごころブログ

ガレージポーチ お勧めします

2017.12.02 

設計デザイン

こんにちは、”髭の設計士” です。

秋も足早に過ぎ、本格的な冬の到来もすぐそこの時期、皆様いかがお過ごしでしょうか?

さて今回の話題は ”ガレージポーチのある家” のお話し。たまには設計士らしい話題もいいかな?と思いまして・・・。

設計士としてお客様と接するとき、”車から雨にぬれずに玄関へ入りたい” というご要望が結構頻繁に出てきます。

その場合、私としては ガレージポーチという考え方をお勧めしております。”車庫に車を仕舞う”のではなく、玄関ポーチと

一体で”大きな屋根だけで覆う”という考え方です。下のCGは設計時点のもの。

                               完成した建物はこんな感じに仕上がりました。

向かって左が車2台分ののスペース、その右が玄関。雨にぬれずに車から玄関にスルーできるようになっています。

数年前完成した上の写真のお宅も、同じようなコンセプトで出来上がった建物。ちょっと”和モダンなガレージポーチ付き住宅です。

 

スタイリッシュな建物でも、和モダンな建物でも、テイストの違いはあれど 足元が安定したファサード(正面の外観)に仕上がります。

建物のファサード(正面の外観)を特に気にする方におすすめしたいです。

”雨にぬれずに玄関まで”という基本的な機能と、安定したスタイリッシュなデザインを兼ね備えた家が実現できると思います。

設計士としてもやりがいのあるデザインの一つとなります。

反面、コストは余計にかかりますが・・・。通常の既製品のカーポートと比較して、150万円ぐらい余計にかかるかもしれません。

しかしながら、その価値は そこそこあるのではないでしょうか?

設計士としての考えかもしれませんが、GHとしては既製品のカーポートはあまりお勧めはしておりません。建物の外観を損ねるだけでなく

耐久性も少々疑問な部分も感じます。敷地の形状やプラン次第で実現できないこともありますが、家づくりのコンセプトの一つに

”ガレージポーチのある家”  取り込んでみてはいかがでしょうか?

 

 

 

前のページに戻る

Calendar カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページトップ
  • 0120-968-373
  • イベント予約
  • 来場予約
  • 資料請求・お問い合わせ
ページトップ