「一級建築士」×「コーディネーター」と造る理想の注文住宅をご提供。グルービーホームのTOPへ。

お問い合わせ

0120-968-373

Menu

間口が2.5間を利用した奥に長い開放的な家 | 岡崎市、西尾市、安城市の注文住宅・新築住宅の施工事例ギャラリー

「一級建築士」×「コーディネーター」と造る理想の注文住宅をご提供。グルービーホームのTOPへ。
トップページ
スタッフ紹介
TOPICS
ブログ
保証・メンテナンス
家づくりの流れ
お問い合わせ
  • 会社概要
  • 採用情報
  • アクセス
0120-968-373

施工事例

間口が2.5間を利用した奥に長い開放的な家

location : 愛知県岡崎市

2013 / 12 / 08

ダイニングテーブルの上は光が降り注ぐ吹抜けとペンダントライト。 
 Category :キッチン 

ダイニングテーブルの上は光が降り注ぐ吹抜けとペンダントライト。 
 Category :キッチン 

ダイニングからリビングをみた奥に長い間取り。 
 Category :リビング 

ダイニングからリビングをみた奥に長い間取り。 
 Category :リビング 

漆喰の壁だからこそできる竣工記念の家族の手形です。 
 Category :その他 

漆喰の壁だからこそできる竣工記念の家族の手形です。 
 Category :その他 

ご両親の母屋と同じ敷地内に子世帯の家を設計しました。 
Category :外観 

デザイン性と収納力を兼ね備えたダイニングの収納庫。 
Category :ユーティリティ 

キッチンカウンターを上手に収納スペースとして利用。 
Category :キッチン 

リビングは近所の子たちと英語教室を開くそうです。 
Category :リビング 

子ども部屋の壁を漆喰として子供の健康も考え且つ無垢の床材とのバランスも考えています。 
Category :子供部屋 

2Fへ上がったところの階段腰壁を木製格子にしたことにより廊下が明るくなりました。 
Category :その他 

トイレには、造作の棚をあえて作らずに小さな収納の蔵をつくりました。 
Category :サニタリー 

奥に長い間取りを上手く利用したシューズボックス。 
Category :玄関 

白い壁に木の質感のある玄関扉を採用して、柔らかい雰囲気に。 
Category :玄関 

  • 敷地面積: 449.58㎡(136.01坪)
  • 延床面積: 103.51㎡(31.30坪)
  • 構造種別: 木造軸組在来工法
  • 施工年月: 2013年9月

ご両親の母屋に連続して、同一敷地内に子世帯のご夫婦の家を設計。

1階はリビング使いと共に近隣の子供への英会話教室としても利用することがお施主さまのご希望でした。

 

LDKが南に対して奥に長い縦長の設計のため、家の中央に光を採り入れるアイデアとして、

2階の中央に吹き抜けを設けて、東に窓を設けました。

 

そして、間口が2.5間という奥に長い敷地を上手く利用して開放感のある広いLDK空間を実現しています。

 

子ども部屋の壁を漆喰として子どもの健康も考え且つ、

無垢の床材とのバランスも考えた仕上がりになっています。

 

プラスアイデアは、岡崎市民なら絶対に嬉しい岡崎花火が見える小屋裏です。

前のページに戻る
ページトップ
  • 0120-968-373
  • イベント予約
  • 来場予約
  • 資料請求・お問い合わせ
ページトップ