「一級建築士」×「コーディネーター」と造る理想の注文住宅をご提供。グルービーホームのTOPへ。

お問い合わせ

0120-968-373

Menu

パッシブデザイン | 岡崎市、西尾市、安城市の注文住宅・新築住宅はグルービーホーム

「一級建築士」×「コーディネーター」と造る理想の注文住宅をご提供。グルービーホームのTOPへ。
トップページ
スタッフ紹介
TOPICS
ブログ
保証・メンテナンス
家づくりの流れ
お問い合わせ
  • 会社概要
  • 採用情報
  • アクセス
0120-968-373

まごころブログ

パッシブデザイン

2018.07.27 

建築士・設計士

こんにちは(´ω`)A2です。

 

非常に暑い日が続きますが、体調は崩されていませんか?

ここまで暑いと、空調が常にフル稼働してしまいますよね 😐

 

ところで、パッシブデザイン・アクティブデザインという言葉はご存知でしょうか?

すごく簡単に言うと、

パッシブは、自然(光や風など)をそのままうまく利用して快適になるような設計手法。

アクティブは、機械を効率的に活用して快適をつくる方法。(太陽光パネルなど)

両方省エネ用語です。

 

個人的には、パッシブという考え方はとても好きで、

特別な機器を取り入れなくても、家のつくりかたで快適と省エネが手に入るなんてなんだかお得な気がしませんか?(笑)

そして、そんなに大変でも難しいことでもないと思います。

例えば、高さを利用した通風を考えるなら、吹抜けに窓をつけて開くようにするとか。

もっと簡単に、南と北・東と西というような対面に窓をつけるだけでも、かなり違います。

どうせ北だし…と、安直に窓をつけなかったり、FIX窓にするのは勿体無いこともあります。

もちろん、外観デザインが関係するなど、一概に言えないところもありますが…。

 

北側になりがちな水廻りも、小さくても窓をつけると、自然光が入ってきて明るいです。

北は直射日光は少ないですが、天空光はしっかりと取り入れられます(^^)

 

他にも庇やブラインドをつける、漆喰等を使う、落葉樹を植える…なんてのもあります。

 

ひとつの考え方として、このような目線でプランを検討するのも良いと思います!(^^)

いいね! 47 いいね!  いいねしてね
前のページに戻る
ページトップ
  • 0120-968-373
  • イベント予約
  • 来場予約
  • 資料請求・お問い合わせ
ページトップ