「一級建築士」×「コーディネーター」と造る理想の注文住宅をご提供。グルービーホームのTOPへ。

お問い合わせ

0120-968-373

Menu

ウォークインクローゼット | 岡崎市、西尾市、安城市の注文住宅・新築住宅はグルービーホーム

「一級建築士」×「コーディネーター」と造る理想の注文住宅をご提供。グルービーホームのTOPへ。
トップページ
スタッフ紹介
TOPICS
ブログ
保証・メンテナンス
家づくりの流れ
お問い合わせ
  • 会社概要
  • 採用情報
  • アクセス
0120-968-373

まごころブログ

ウォークインクローゼット

2018.07.03 

お役立ち情報

こんにちは。コーディネート課です。

収納は沢山ほしいけれど、使い方によっては無駄な空間を作ってしまうだけ。今回はOB様のウォークインクローゼットを少しご紹介したいと思います。

⇡⇡⇡ クローゼットといえば、枕棚にハンガーパイプだけというシンプルなスタイル。下にプラスチックの収納ケースを置いて使う一番スタンダートな形です

⇡⇡⇡ 同じく枕棚にハンガーパイプですが、下に網かご収納を作り付けてあります。通気性もあり収納するものが一目瞭然

⇡⇡⇡ 購入する収納ケースに合わせて設計段階で幅と奥行きを確保。衣替えごとに楽に取り出せ身支度の時短を確保できるかたちです

⇡⇡⇡ 基本吊るす収納という方は、可動ハンガーパイプのみを使いまるでショップのような見やすい陳列となります。可動式なので服の長さによって高さ調整可能です。

⇡⇡⇡ クローゼットの一部にアクセサリー専用収納を造作家具で作りつけです。時計、サングラス、ストール、ベルトなど様々な小物類を収納できます。

⇡⇡⇡ 壁に貼った鏡と思いきや、開けるとアクセサリー収納に!!

⇡⇡⇡ また、ボトムス、ネクタイなどをかける専用のアイテムを組み込んだり、、、、

⇡⇡⇡ 収納システムをすべて組み込んでしまうことも、(価格は上がってきてしまいますが、、、)

いかがでしたでしょうか?これから間取りを作るかたの参考になれば幸いです。また、意外にもプライベートな場所だからこそアクセントクロスで演出する方も多いですね。

⇣⇣⇣ クロスだけでなく入口をアーチにするのも最近よく取り入れています。

また、見出しのトップに載せた写真のように収納の奥に隠し部屋を作るなんてこともあります。収納=行き止まりという概念が覆りますね。

ついつい溢れてしまう洋服やアクセサリー小物類。しっかりと計画し整理整頓できれば毎日の身支度が楽しくなり、ウォークインクローゼットが居心地の良い場所になることでしょう。

いいね! 3 いいね!  いいねしてね
前のページに戻る
ページトップ
  • 0120-968-373
  • イベント予約
  • 来場予約
  • 資料請求・お問い合わせ
ページトップ