Blog

2020/12/17
建築士・設計士

雨情草庵(日本の原風景)

雨情草庵(日本の原風景)

 

こんにちは 設計のA2です。

少し前になりますが、秋終盤(11月後半)丹後半島を旅してきました。

 

”海の京都” ご存じですか? 京都市内から車で2時間半北へ向かうと

日本海に出ます。今の時期 丹後半島は”食材の宝庫” 蟹をはじめ

おいしい魚類がたくさん食べられます。

 

このあたりが”海の京都”と呼ばれる所。

 

今の時期は雨の多い日本海特有の気候です。

 

 

半島の入り江に”伊根の舟屋”

と言われる 漁師町があり

何とも幻想的な風景ですが

各住戸の船着き場から直接

漁に出るという、まさに

”漁師の仕事場”という感じでした。

世界遺産としても有名です。

 

さて本題、 ”雨情草案” とは 実は旅館の名前です。

雨の多い日本海に面した場所にちなんで名づけられたらしいです。

不謹慎を承知で GO-TOを利用して宿泊してみました。

 

恥ずかしながら、本来の目的は

実はこれなんですけどネ・・・・。

 

 

 

寄り付きと呼ばれる場所をくぐると・・・・・

 

 

 

 

 

こんな感じの風景が広がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

全室(5室)離れの客室は、それぞれ ”雨”から由来する室名が付けられており、風情を感じる雰囲気でした。

 

 

”日本の原風景”・・・・どこか懐かしさを感じる宿

そんなコンセプトをもとに造られた 雨情草庵・・・

 

5棟離れとは別に ”宗家” と呼ばれる 150年前の古民家をわざわざ

移築し旅館に仕立て上げた特別棟に私は少し魅かれました。

 

日々の仕事の中で、何か置き忘れた思いが、メッセージとして伝わってくるような気がしました。

(気のせいかな?)

 

 

たった一泊しかできなかったので、急いで通り過ぎた旅だったけど

たらふく食べた蟹もおいしかったけど、それ以上に心にしみた 日本の原風景でした。

グルービーホームの展示場グルービーホームの家づくりがわかる展示場へ来て見ませんか?

来店予約する

Category
Archive