Blog

2020/10/11
住宅アドバイザー・アシスタント

住生活で快適な空間とは…?

住生活で快適な空間とは…?

アドバイザーの古館です(^^)

 

本日は「湿度」についてお話しますね!

最近朝夕が冷え込んできて、空気も少しずつ冷たく乾燥してきている気がします。

寒暖差で少し体調をくずされていませんか…?

冬になるとインフルエンザや風邪等の話題も出てきますが、外的な要因の1つに「乾燥」があります。

 

もちろん手洗いやうがいも含め、定期的に水分を摂って喉を潤すことや加湿器をつけて室内の湿度を保つことが大事ですよね。

 

今回タイトルにも書いた「住生活で快適な空間とは…?」

実際に推奨している快適な室内空間の湿度が40%~60%と言われています。

40%以下の場合だと上記のウイルス感染やアレルギー症状、鼻・喉・皮膚への影響、静電気(一番嫌いかもです…)等の可能性が高くなります。

60%以上の場合だとダニやカビなどが発生しやすくなります。

 

つまり1年を通して湿度が一定であり快適な数値をキープしていることが大切なんです。

夏や冬、それぞれ湿度はかなり違ってくるので1年通して40~60%を保つことは難しいですよね…

 

快適な住空間を作るために、ハウスメーカーによって様々な考え方があります。

個人的には、どの考えもすごく素敵な考え方なのでいいと思っています。

 

その中でグルービーホームは、無垢材を床に使うで快適な空間作りを演出することを推奨しています。

デザインや温かみもありますが、同時に機能性としては「調湿効果」も挙げられます。

無垢材は切った後でも生きているので「呼吸」をすることによって夏場は湿気を吸い、冬場は湿気を吐き出す特徴があります。

 

もちろんメリットもあればデメリットもありますので、まずはグルービーホームの展示場・モデルハウスにご来場頂くことを提案致します。

ぜひ無垢材の肌触りと演出された空間を体験してみてはいかがでしょうか?

 

グルービーホームは「暮らし」をご提案させて頂きます。

「デザインだけの家は、つくらない」

ぜひグルービーホームの家づくりの考え方を聞いてください。

グルービーホームの展示場グルービーホームの家づくりがわかる展示場へ来て見ませんか?

来店予約する

古館 優

執筆者

古館 優

YU FURUTACHI

住宅アドバイザー

Category
Archive