Blog

2019/10/17
住宅アドバイザー・アシスタント

土地の相場が決まっている理由

土地の相場が決まっている理由

こんにちは、営業の上野です。

さっそくですが、今日は土地の相場について少し書いていこうと思います。

 

土地を探すときの条件として、

①希望のエリアの土地

②自分たちの要望の家が建てれる土地

③予算に収まる土地

この3つの条件は最低でもクリアしておきたいですよね。

でも、三河の土地坪単価は年々上昇しています・・・。

そんな中で、よく、「掘り出し物」を探そうとする方がいます。

 

「探せばもっといい土地が出るんじゃないか・・・!」

「相場よりも安い土地、ないかなあ・・・。」

土地探しで行き詰ったことのある方、そう思ったご経験 ありませんか?

 

もちろんお気持ちはわかります。

条件が良くて、安い土地を購入したいですよね。

でも、相場よりも安い土地なんて、実際にはそう出てきません!

土地の相場は、決まっているのです!!

なぜ、土地の相場は決まっているのかをご説明しますね。

 

例えば、

Aさん、Bさん、Cさん、の土地が、左から順にならんであるとします。

3つとも、同じ50坪で、形も一緒です。

 

ある日、Aさんは持っていた土地を、坪単価40万で売りに出すことにしました。

するとすぐに買い手が付き、売却することができました。

 

その次に、Cさんも土地を売り出しました。

Cさんは、Aさんが坪単価40万ですぐに売却したのを知っていたので、

今度は坪単価42万で売り出してみました。

その後無事、Cさんも、売却することができました。

 

そして次に、Bさんも土地を売ることにしました。

さて、両隣だったAさんとCさんの土地の売却値段を知っているBさんは、

自分の土地をいくらで設定して、売りに出すでしょうか?

 

きっと、Cさんと同じ42万か、あるいはそれよりもちょっと高い値段で設定するでしょう。

だって、場所や大きさ、形などの条件が一緒の土地なら

同じくらいの値段か、あるいはもう少し値段を上げても買い手がつくんじゃないか、って

思いませんか?

 

実際、土地の坪単価はこんな風にして 相場が決まっていきます。

 

だから、人気なエリアほど坪単価はどんどん上がっていくのです。

 

稀に、「相場よりも安い!」と感じる土地があります。

 

でも相場よりも安い土地には必ず理由があります。

 

例えば、建築できる範囲に限りがあったり

形が歪で、建築や車の駐車がしにくかったり

高低差があって、家を建てるときに諸費用が何百万もかかってしまったり

(家を建てたときの総額で比べると、他の土地と案外変わらなかったりします。)

 

なので、

①土地の相場は決まっている。

②相場より安い土地は、何らかの理由がある

この2点を、今日は知っていただけたらと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございますm(_ _)m

グルービーホームの展示場グルービーホームの家づくりがわかる展示場へ来て見ませんか?

来店予約する

Category
Archive